紅葉のアプトの道ハイキングと霧積温泉紅葉狩り     

■ 2018年谷中七福神めぐり
2018年 1月 7日(日) 晴れ
 
9時半、田端駅北改札口にて、藤盛夫妻、鶴夫妻、近藤夫人、幸野さん、山崎さん、篠崎夫妻、小野田さん、土居夫妻、森さん、生田さんに中埜二人を加えた総勢16人が揃ったところで、七福神めぐりに出発した。まず、切通を通って東覚寺を訪れた。赤札仁王が出迎えてくれた。本殿の木彫の福禄寿に拝礼。この後、裏の立派な庭園を見た。本殿そばにて、振る舞い甘酒をいただいた。人数の確認をしてから、東覚寺を出発した。
賊除け地蔵で有名な與楽寺に寄り道した。閑静なゆったりとした造りのお寺だった。梵鐘が立派だった。
 次に、西暮里四丁目の交差点を渡って、青雲寺に行った。参拝客で少し混雑していた。家内のお寺の説明の後、参拝の行列に並んだ。滝沢馬琴の筆塚の碑を見た。靴を脱いで本殿の恵比寿様を拝んだ。

本文 >> ( 担当幹事 中埜)

2018年 12月 6日更新

第13回 紅葉狩りの会  
  

 2016年1127日(日)紅葉狩りに22名、会食に21名参加で、六義園のライトアップされた紅葉を楽しみました。六義園での紅葉狩りは2005年の第2回目にも行いましたが、夕暮れ時、ライトアップ直後に終了の会でした。今回は六義園名物のライトアップ紅葉に完全チャレンジしました。お天気が心配されましたが大雨にもならずほっといたしました。あいにくの小雨模様で、年配の参加者が多い会なので、暗い中は足元に気を配らなければならないということに気が付きました。夜の六義園一周は迷子になりそうでしたが、流石に素晴らしい夜景・ライトアップの紅葉で堪能しました。紅葉狩り後の会食は、近くのトラットリアイタリアで開催し、大いに盛り上がり楽しく過ごせたと思います。ご参加くださった皆様にお礼申し上げます。恒例のクイズも楽しんでいただきました。

いつもご夫妻で参加して下さって楽しんでくださった森啓さまが 12月末に急逝されたことをとても悲しく残念に思います。 幹事 藤盛冨美子

紅葉狩りの記録(続)
第1回〜12回

 紅葉狩りの記録

■ 2016年高尾山ハイキング
2016年 4月16日(土)晴れ
 
ハイキング参加者は、土居さん、篠崎さん(夫人)、中埜夫妻の計4人です。 大井町駅で篠崎さんと中埜二人が合流し、一緒にJR高尾駅まで行った。9時前に到着。駅前のロータリー近くにいた土居さんと合流。小仏行バスの長い行列の最後尾に並んだ。予定の912分のバスには、待っている人が多すぎて乗れなかった。925分にバスが2台来て、やっと二番目のバスに乗れた。終点の小仏バス停で下車。身支度をして出発。車道沿いに登り始めた。
本文 >> ( 担当幹事 中埜)

 ハイキングの記録

■ 2016年新年東海七福神めぐり
2016年 1月10日(日)
 110()晴れ9時半頃に新馬場駅前北口改札口の下の広場に着いた。ガイドの磯和さんはもう来られていた。簡単に打ち合わせを済ませた後、北口改札口に上がって、幸野さんと合流した。 参加者が三々五々集まって来た。10時前に14名全員集合。ガイドさん二人。
ガイドさんがコースの説明をした後いよいよ出発。第一京浜を横切って、品川神社に向かった。鳥居の前にてガイドさんが集合写真を撮ってくれた。
本文 >> ( 担当幹事 中埜)

■ 紅葉台ハイキング
2002年5月19日(日)
幸野眞士 『紅葉台ハイキング』
「道の駅「鳴沢」に車を停めて、9時15分ハイキング開始。Rt.139の側道を通り、一本木の先から登山開始。途中結構険しい個所もあったが、道は比較的良く整備されており、気持ちよく登ることが出来た…」 本文 >>

紅葉台ハイキング
高尾山ハイキング

■ 高尾山ハイキング
2002年11月23日(土)
生田英機 『高尾山ハイキング』
「11月23日朝9時。縁日並みの人出で賑わう京王線高尾山口広場に集合した面子は、今日のリーダーの幸野さん、土居夫妻、最熟年の俣野夫妻、當間旦那、山崎夫妻、小生(生田)の9名…」 本文 >>



小山田緑地木道

■ からき田道と小山田緑地
2004年5月1日(土)
當間秀雄 『からき田道と小山田緑地をあるく』
「皐月晴れに、新緑の万葉の古道を歩き、山崎邸で打ち上げパーティという楽しい一日でした。5月1日午前9時30分、京王線多摩センター駅に全員11名が集合後、街並みを10分ほど歩き、新緑のからき田道に入りました」 本文 >>

イワタバコ咲く鎌倉散策

■ イワタバコ咲く鎌倉散策
2003年6月8日(日)
土居嘉子 『鎌倉散策』
「6月8日の日曜日 総勢13人が鎌倉駅に集合しました。バスを雪ノ下地区で降り、「田楽辻子(でんがくずし)の道」を報国寺へ向かって歩き始めました。辻子の道というのは、鎌倉時代に呼ばれていた小路で…」 本文 >>

トップページに戻る

■ 春のハイキング:小田急鶴巻温泉駅ー弘法山−権現山(243m)ー秦野駅
2012年4月1日(日)
久しぶりのハイキングの会は、小田急線鶴巻温泉駅から弘法山(235m)、権現山、浅間山を歩き、秦野駅までのコース(7.2km)でした。梅、菜の花が咲く畑から山道に入り、1時間ほど登ると「めんようの里」からは羊の鳴き声も聞こえてきました。弘法山公園は明治期に草競馬を行った馬車道付近一帯が桜の名所ですが、一輪も咲いていませんでした。たくさんのつぼみは確認しましたので、満開の1週間前だったようです。残念! 山頂は、空気の澄み切った秋や冬には富士山から江ノ島まで眺望できる絶景ポイントです。弘法山公園山頂でおにぎりを食べ、久々のハイキングを満喫しました。やっぱり自然はいいですね。幹事の幸野さん、ありがとうございました。土居嘉子


■ 目黒駅周辺散策と恵比寿ガーデンプレイス
2010年10月3日(日)
参加者11名で開催。JR目黒駅から徒歩10分のところにある「国立科学博物館附属自然教育園」を散策し、武蔵野を代表する植物を観察。続いて隣にある「東京都庭園美術館」(旧朝香宮邸)で、日本庭園と西洋式庭園を散策。
その後恵比寿ガーデンプレイスまで歩き、「エビスビール記念館」を見学し、「エビスビアステーション」で昼食。軽めの運動と美味しい料理、ビールで秋の
1日を楽しみました。(鶴正登)

大山から富士山を臨む

■ 丹沢・大山と豆腐の会
2005年5月14日(土)
山崎恒 『大山ハイキングと豆腐料理を食べる会』
「5月14日(土)、山の会主催の大山ハイキングと豆腐料理を食べる会の日である。天気予報は曇り、山の上は雨ではないかという危惧が全く無かったわけではないが、とにかく決行ということで、午前8時過ぎに小田急秦野駅に集合することになった」 本文 >>


■ 2015年尾瀬ヶ原1泊2日ハイキング
2015年6月28・29日(日/月)
 628日(日)7時前、参加者全員代々木駅南口そばのJR関東高速バスセンターに集合。飛び入り参加のHannahさんを紹介。7時10分頃に関越高速バス尾瀬3号に乗車。720分定刻に発車。練馬区役所を経由して関越自動車道に入る。途中、三芳PAと赤城高原SAでトイレ休憩。渋滞も無く順調。沼田ICで高速を降り、一般道を通って尾瀬戸倉に定刻よりも30分近くも早く10時40分頃に着いた。本文 >> ( 担当幹事 中埜)

■ 2015年新年の隅田川七福神めぐりハイキング
2015年1月4日(日)
1/4日は自称晴女さんの念力による好天にも恵まれ、15名が全員無事完歩。 昼食会のホテ ルレストラン(13階)では1名合流して16名になり、窓から スカイツリーを眺めながら楽しく歓談。
また、暫く休眠中だった当会山の会の行事復活の話も出て大いに盛り上がりました。
皆様のご協力により、無事行事が終了しましたことに感謝し、お礼申し上げます。
  ( 担当幹事 幸野)

「ハイキングと山の会」と「紅葉狩りの会」が統合されました。

会員同士の親睦を中心に年1〜2回くらいハイキングや山歩きを楽しんでいます。
また皆さん、ご一緒に美しい日本の秋を楽しみましょう。ご一緒に出かけませんか?

 ハイキングと紅葉狩りの会
       
  幸野 眞士 ・ 中埜 岩男 ・ 紀子 日本ボストン会ハイキングの会担当幹事幸野真士 

  鶴正登・経子 日本ボストン会事務局

 申込及びお問合せは、幹事まで。 

2003年12月 新宿御苑

日本ボストン会
 ハイキングと紅葉りの活動から

ハイキング紅葉狩りの会

2018年度越後湯沢 紅葉・温泉・酒の旅は晴天にも恵まれ、無事終了しました。

2015年1月4日 隅田川七福神めぐりハイキング

小山田緑地木道

■ 2017年元祖山手七福神めぐり
2017年 1月 7日(土)
 1 7() 七草の日に、江戸市中から目黒不動の参詣路に沿って出来た(元祖)山手七福神めぐりをしました。参加者は18(内訳:吉野先生ご夫妻、土居さんご夫妻、鶴さんご夫妻、小野田さんご夫妻、今脇さんご夫妻、 篠崎さんご夫妻、藤盛さんご夫妻、幸野さん、生田さん、中埜夫妻)でした。
白金高輪駅の改札付近に10時に全員集合し、元祖山手七福神めぐりに出発。 エスカレーターと階段で地上に出て、桜田通り沿いに覚林寺まで歩いた。
本文 >> ( 担当幹事 中埜)

 2017年1029日(日)・30日(月)
 紅葉の霧積温泉(平成291029()雨)今朝は台風22号が東の海上を丁度通り過ぎる頃で、時折激しい雨に見舞われる。東京から横川へは上野東京ラインで乗り換えなしの快速で高崎まで行けるので便利。高崎駅で信越本線横川行に乗り換える。高崎から横川までは30分程度の短い線。これでも信越本線だろうか。横川から先はもう線路がない。
 横川と言えば峠の釜めし。昼食用に駅前のおぎのやで釜めしを買う。温泉宿で温かいそばと一緒に食べるのが楽しみ。
 横川駅には霧積温泉金湯館のマイクロバスが待っていてくれた。かなり時代もののバスで、車体や屋根に錆が出ている。フロントガラスや車体に紅葉が張り付いているのがいかにも秘湯からやってきたと感じさせてくれる。
 先ずはアプトの道の「めがね橋」(碓氷第三橋梁)へ連れて行ってもらった。深い谷を渡るためのレンガ造りのアーチ橋は力強さと美しさを兼ね備えている。
本文 >> 
(小野田勝洋 記)